クレジットカードと同様の16桁のカード番号、有効期限とセキュリティコードが発行されるものです。

ネットショッピング利用時の支払いなど、世界中のMasterCard取扱店で使用できます。

プラスチックカードそのものがないため「バーチャル」との名称になっています。

Neteller口座残高の金額、もしくは申込時に設定する生涯限度額の金額まで使用すると、そのカード番号はそれ以降無効となります。

Neteller口座だけにリンクされているカードであるため、個人情報がもれる、不正使用される等のセキュリティリスクを抑えつつ、カードによる支払いができます。

認証済の口座1口座につき、最大5枚(回)まで発行可能です。

発行手数料は、1回目は無料、それ以降は300円(金額は口座の通貨に依存しますが2.5ユーロ)です。

NETELLERのNET+バーチャルカードを申し込む手順

Net+バーチャルカード01

口座管理画面から、[Net+カード]を選択します。

口座へサインインする手順やパスワードを忘れた場合はこちらからご覧いただけます

Net+バーチャル10

NET+カードを選択したのち、バーチャルカードを選択します。

  • カードの通貨
  • カード名(オプション)
  • 生涯限度額(オプション)
  • セキュアID

上記の内容について設定していきます。

カードの通貨について

バーチャルカードの通貨をメニューから選択します。

  • 日本円(JPY)
  • 米国ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 英国ポンド(GBP)
  • 豪州ドル(AUD)
  • カナダドル(CAD)
  • デンマーク クローネ(DKK)
  • スウェーデン クローナ(SEK)

上記8つの通貨から選ぶことができます。

ただし、口座の通貨と異なる通貨を選択した場合には為替手数料が掛かります。

為替手数料についてはこちらからご覧いただけます

カード名について

カード名の設定はオプションとなります。

カード利用目的などの管理用に、好きな名前を付けることができます。

カードが発行されたあとに変更することもできます。

半角英数字25文字以内で設定できます。日本語は使用できません。

生涯限度額について

生涯限度額についてもオプションの設定となります。

通貨が日本円の場合、300 ~ 1,000,000円の範囲内で設定できます。

カードの通貨を変更すると設定できる金額も変わりますが、日本円換算でだいたい300 ~ 1,000,000円程になります。

ここで設定した限度額に達すると、このカード番号は使用できなくなります。

設定しない場合は、口座の残高が利用限度額になります。

セキュアIDの入力

口座を開設した際に発行された、数字6桁の番号を入力します。

万一分からなくなった場合には口座概要にある[セキュアIDのリセット]から再取得できます。

Net+バーチャルカードの管理(発行)手数料は、1回目は無料、それ以降は300円(料金は口座の通貨に依存しますが2.5ユーロ)です。

[実行]を押すと、次の画面でカード番号が発行され、画面に表示されます。

NET+バーチャルカードの作成完了

Net+バーチャル11

画面にカードが表示されるとNET+バーチャルカードの作成が完了されます。

このカード番号は、発行直後からすぐにネットショッピング等に利用できます。

利用開始手続きは必要ありません。

カードの取り扱いについて

Net+バーチャル111

NET+バーチャルカードの利用方法については、通常のクレジットカードと同じ使い方になります。

  • カード番号
  • カードの有効期限
  • セキュリティコード
上記の情報をショッピングなど、支払いの際に使うことになります。

  • 入金額の100%が証拠金ボーナスになる
  • 取引するたび証拠金ボーナスがどんどん増える
  • 最大レバレッジは888倍
  • 増えたボーナスだけで取引可能
  • 業界大手で安心の入出金
海外FXならボーナスだけでも取引できるXMがおすすめです

公式サイトへアクセスして豊富なボーナスを確認できます

XMの詳細はこちらでも確認できます

低スプレッドブローカーでもボーナス
スプ0.0~の口座でボーナスまで獲得できるMyfxMarkets

自動売買でも人気のブローカーについて詳細を確認できます