海外FXブローカーではメジャーなプラットフォームMT4では、シグナルトレードを簡単に利用することができます。

MT4シグナルトレードについてはこちらの記事で説明しています。
MT4のシグナルトレードで利益を残す方法とシグナルを選ぶ最大の理由

MT4でシグナルトレードを利用するには、MQL5コミュニティへ登録することが必要になります。

MQL5コミュニティで利用できるサービスはシグナルトレードだけに留まらず、VPSの利用やEA・インジケーターの購入、フォーラムでのやり取りなど、MT4の利用幅が増える内容ばかりです。

登録自体は無料でできますので、普段からMT4を利用してトレードしている方には利用してみる価値はあるかと思います。

目次
  1. MQL5コミュニティならMT4を120%活用することが可能
    • コードベースからインジケーターやEAをダウンロードできる
    • マーケットでは販売用EAやインジケーターを購入できる
    • シグナルトレードを利用できる
    • MT4やトレードに関する知識の宝庫だったりする
  2. まずはMQL5コミュニティに登録から
    • ログインIDとメールアドレスの登録をする
    • MQL5から送られてきたパスワードを入力する
    • パスワードはよく使うからメモ帳に保存などが便利です
  3. MQL5コミュニティへ入金する
    • ユーザーページのメニューから支払いへ進む
    • 入金方法の選択
  4. 入金資金の管理 残高とロックの意味
    • MQL5で利用できる残高はロックされていない金額だけ
  5. まとめ

MQL5コミュニティならMT4を120%活用することが可能

MQL5コミュニティでできること、

  • MT4のインジケーターを拾う
  • MT4のEAを拾う
  • マーケットからインジケーターやEAを購入する
  • シグナルトレードを受信、配信する
  • VPSをMT4から利用する
  • MQL4やMQL5(プログラミング言語)の記事を読める
  • フォーラムに参加できる

ざっくり書くと上記のことがMQL5コミュニティ内でできます。

コードベースからインジケーターやEAをダウンロードできる

MQL5コミュニティ010

MQL5コミュニティのコードベースへアクセスすると、世界中のトレーダーが作った自作インジケーターをダウンロードすることができます。

相当な量になるので、見ているだけで一日が終わりますが、無料で配布されているので気になるインジケーターがあれば手に入れることができます。

マーケットでは販売用EAやインジケーターを購入できる

MQL5コミュニティ011

マーケットからはEAやインジケーターの購入ができます。

EAなどの場合には一覧ではスペックや取引手法を参考にすることができず、ひとつひとつアクセスして確認する必要があります。

購入のための比較が大変なので、こちらも見ているだけで一日が過ぎ去ります。

気になるEAは購入前に無料でバックテストすることができますが、それをやると1か月があっという間に過ぎ去ります。

トレードに対するレベルは海外の方が圧倒的に高い、と信じてやまない方には垂涎もののマーケットです。

シグナルトレードを利用できる

MQL5コミュニティ012

筆者は大変お世話になっておりますが、MQL5コミュニティではシグナルトレードを利用することができます。

主に受信することがメインとなりますが、配信者として自分のトレードを世界中に知らしめることもできます。

受信はMQL5コミュニティへの登録だけでできますが、配信者の場合にはさらに登録作業が必要になります。

MT4でシグナルを利用するメリットなどをこちらで書いております

MT4のシグナルトレードで利益を残す方法とシグナルを選ぶ最大の理由

MT4やトレードに関する知識の宝庫だったりする

MQL5コミュニティというだけあり、かなり盛んなコミュニティとなっています。

記事やフォーラム、ブログなどがあり、MQL4やMQL5のプログラミングについてや市場についてなど幅広くトレードの世界を堪能できます。

少し前までは英語のみでGoogle翻訳を利用しないと厳しかったのですが、むしろGoogle翻訳を利用した方が厳しかったのですが、最近では言葉の壁を越えてきたようです。

それなりにナチュラルな日本語で閲覧することができます。

言葉の壁を超えることができれば、引っ込み思案の壁も少しは越えやすくなるでしょう。

世界中のトレーダーと積極的につながってみるのも肥やしになるかもしれません。

まずはMQL5コミュニティに登録から

MT4からシグナルトレードを利用するためには、MQL5.comへアクセスしMQL5コミュニティへ登録する必要があります。

MQL5.comはこちらからアクセスできます

MQL5コミュニティ001

MQL5.comのトップ画面は上記画像のようになっています。

画面右上の国旗マークをクリックすることでサイトの言語を変更することができます。

同じく画面右上にある新規登録をクリックして登録を進めます。

ログインIDとメールアドレスの登録をする

MQL5コミュニティ002

新規登録画面で以下を設定します。

  • ログインIDを設定する
  • メールアドレスを入力する

ログインIDは任意ですが、半角英数字で入力する必要があります。日本語は利用できません。

また、登録者数が多いためIDがカブる可能性もあります。

メールアドレスを入力しアカウントを得る→へ進みます。

MQL5から送られてきたパスワードを入力する

ログインIDとメールアドレスを送信すると以下の画面に切り替わり、ログインIDとパスワードの入力が必要になります。

MQL5コミュニティ004

  • ログインIDは前のページにて任意で決めたID
  • パスワードはMQL5コミュニティから送られてくるメールに記載

パスワードは登録メールアドレス宛までMQL5コミュニティからすぐにメールが届きます。

件名 MQL5.communityをご利用ください

MQL5コミュニティ003

パスワードはよく使うからメモ帳に保存などが便利です

MQL5コミュニティで登録した、

  • ログインID
  • メールアドレス
  • パスワード

上記3点はMT4でもよく使う事になります。

MQL5コミュニティのサイト上はPCのブラウザが保存していたとしても、MT4上では入力する必要があります。

この作業を手入力で行うのは大変面倒なので、すぐに呼び出せるメモ帳やデスクトップ上の付箋ソフトなどを利用すると便利になります。

もちろん、シグナルを利用する場合にはMQL5コミュニティへ入金する必要がありますので、共用パソコンなどの場合にはパスワードの管理に注意が必要です。

MQL5コミュニティへ入金する

MQL5コミュニティ005

MQL5コミュニティへログインしたのち、画面上部に表示されている自分のID名をクリックしユーザー画面へ進みます。

MT4でシグナルトレードを受信したり、VPSサーバーをレンタルする際の料金はMQL5コミュニティを通して支払いをすることもできます。

MQL5コミュニティに予め資金を預けておき、シグナル購読の際やVPS利用の際に預けた資金より支払をすることになります。

また、MQL5コミュニティの取り扱い通貨はUSD(ドル)になりますので、円の金融機関から送金した場合には為替変換されます。

ユーザーページのメニューから支払いへ進む

MQL5コミュニティ006

ユーザーページではMQL5上での入金の他に、設定や販売EAの閲覧、VPSの確認などができます。
この中から入金を選択し進みます。

MQL5コミュニティ007

入金画面からアカウントへの入金を選択します。

入金方法の選択

MQL5コミュニティ008

入金方法は6種類から選択できますが、日本国内で利用するにはPayPal・クレジットカード・NETELLERあたりが一般的です。

MQL5コミュニティで使える入金方法

  • PayPal
  • クレジットカード
  • NETELLER
  • WebMoney
  • EPA
  • China UnionPay

どの入金方法を利用した場合でも、円口座からの入金は自動的に為替変換されます。

各サービスで、為替変換に関する負担も発生するので為替レートは高めに見ておくべきでしょう。

当日のドル円レートそのままで為替変換されることは間違いなくありません。

例えばドル円が115円の時にNETELLER円口座からMQL5コミュニティへ$100入金した場合には、12,000円程の支払いになります。

入金資金の管理 残高とロックの意味

MQL5コミュニティへの入金が完了すると、ユーザーページの支払いで残高が確認できるようになります。

また、MQL5コミュニティを通した入出金の履歴なども表示されます。

MQL5コミュニティ009

  • 日付
  • 番号
  • オペレーション
  • リンク
  • 支払人
  • 受取人
  • 金額

上記の項目を確認することができます。

オペレーションで資金が移動した理由を判断することができ、金額でいくら動いたのか、を確認することができます。

金額の色については、MQL5コミュニティへの入金は青として表示され出金や支払いは赤として表示されます。

上記画像では残高が172.00USDとなっており、$172が口座に残っていることがわかります。

その横にある、(ロックされた65.00)は支払い予定の金額が表示されています。

画像の赤い四角部分の金額がロックされた65USDにあたり、内訳は以下になっています。

  • 10.00 VPS利用中
  • 10.00 VPS利用中
  • 20.00 シグナル利用中
  • 25.00 シグナル利用中

ロックされた残高は、シグナルやVPSの利用期限に達した時に残高から差し引かれるようになっています。

MQL5で利用できる残高はロックされていない金額だけ

VPSやシグナルのサービス利用中は残高とは別にロックされた金額が表示されます。

表示上は172USDとなっていても、ロックされた65USDを差し引いた107USDがMQL5コミュニティで利用可能な残高となります。

追加でシグナルを購読したり、VPSをレンタルする場合、EAやインジケーターを購入する場合には残高からロックされた金額を引き、資金が足りない場合には再度入金することになります。

まとめ

MQL5コミュニティの登録自体はいたって簡単です。

MT4を利用しているトレーダーであれば、覗いてみる価値はあると思います。

沢山のEAやインジケーター、シグナルなどを見ていると、夢が膨らみワクワク感がたまらなくなります。

しかし、手当たり次第に購入、購読をしてもサイフが膨らむわけではありません。

じっくり選んで慎重に利用しましょう。

  • 入金額の100%が証拠金ボーナスになる
  • 取引するたび証拠金ボーナスがどんどん増える
  • 最大レバレッジは888倍
  • 増えたボーナスだけで取引可能
  • 業界大手で安心の入出金
海外FXならボーナスだけでも取引できるXMがおすすめです

公式サイトへアクセスして豊富なボーナスを確認できます

XMの詳細はこちらでも確認できます

低スプレッドブローカーでもボーナス
スプ0.0~の口座でボーナスまで獲得できるMyfxMarkets

自動売買でも人気のブローカーについて詳細を確認できます