EAを利用するための情報がまとめてあります

MT4のトレードではEAを用いて自動売買をすることが比較的かんたんにできます。
しかし、筆者の基本的な考え方として、EA単体で利益を上げ続けることはほぼ不可能であると認識しています。

相場の状況に合せてEAを使い分ける、口座の破たんを織り込んだ上での高収益売買で投資分を早期に確保する、など。
相場の状況を見極める判断や分析力、適切な資金管理の力などが求められます。

それらを踏まえた上で、EAを上手に使っていくための情報をこちらでまとめています。

  • EAでは必須であるVPSは安定性やレイテンシの面で有利に働きます
  • MQL5コミュニティを使えば多くのEAが販売されていますが、詐欺まがいのロジックも多く、しっかりと見極める力が求められます
  • 購入だけに限らず、自作EAでマニュアルトレードの補助として利用することも可能です

これらの情報を有効活用し、EAと上手に付き合っていただけたらと思います。

MQL5で上手にEAを選ぶ方法やその手段

MQL5コミュニティとはMT4を開発したメタクォーツ社が運営しているMT4及びMT5のコミュニティサイトです。
こちらではMT4のシグナルやEAの提供、また、有志によるインジケーターやEAが公開されているコミュニティなどがあります。

上手に利用することでMT4でのトレードに幅を持たすことができます。
言語の壁を突破することができれば、海外トレーダーと情報交換をすることも容易です。

普段からMT4をトレードに利用しているのならば、活用しない手はありません。

MQL5コミュニティに関する記事はこちらからどうぞ

関連記事
MT4からMQL5のマーケットで勝てるおすすめのEAを探す方法
MT4でMQL5のEAをダウンロードしてバックテスト、購入をする方法

EAの自作は裁量トレードにも役立てることが可能

MT4のEAはMQL4という言語を使ったプログラミングで作成することができます。
MT4からメタエディターを起動すればすぐに作成することが可能ですが、プログラミングの知識がなければなにもできません。

しかし、エディタなどのツールを利用してEAを簡単に作成することは可能です。

冒頭でも触れた通り、どんな相場でも稼ぎ続ける万能なEAを作成することは不可能ですが、狙った相場状況に合せた好みのEAを作成することは可能です。

また、マニュアルで裁量トレードをする場合でも決済用EAなどを補助として活用することもできます。
自身の取引スタイルに合った決済用EAなどはエディタで作っておくと便利になります。

自作EA作成に関する記事はこちらからどうぞ

自動売買の性能を発揮させるにはVPSが必須です

EAだけでなく、シグナルなどの自動売買ではVPSが必須になります。

  • 稼働PCの安定性
  • 遅延速度(レイテンシ)

EAなどの自動売買を自宅PCで利用する場合、5営業日、つねに稼働させておかなければなりません。
また、自宅PCより海外FXブローカーのサーバーと接続する場合には遅延速度が増してしまいます。

コンマ数秒が自動売買のパフォーマンスを著しく低下させてしまう事もありますので、遅延速度は極力低下させる必要があります。

最近では東京にデータセンターを置く海外FXブローカーも増えましたが、海外にしかデータセンターを置いていないブローカーを利用する場合にはVPSも海外のデータセンターにサーバーのあるものを利用しましょう。

VPSに関する記事はこちらです

  • 入金額の100%が証拠金ボーナスになる
  • 取引するたび証拠金ボーナスがどんどん増える
  • 最大レバレッジは888倍
  • 増えたボーナスだけで取引可能
  • 業界大手で安心の入出金
海外FXならボーナスだけでも取引できるXMがおすすめです

公式サイトへアクセスして豊富なボーナスを確認できます

XMの詳細はこちらでも確認できます

低スプレッドブローカーでもボーナス
スプ0.0~の口座でボーナスまで獲得できるMyfxMarkets

自動売買でも人気のブローカーについて詳細を確認できます

ページの先頭へ